新保電機についてABOUT US

Message

矛盾への挑戦

代表取締役社長 宗 隆章

私はいつも“社員が喜ぶことをしてやりたい”と考えています。

私はいつも
“社員が喜ぶことをしてやりたい”と
考えています。

給与を多く支給してやりたい。
休暇を多く取らせてやりたい。
労働時間を短縮してやりたい。
快適な職場環境で仕事をさせたい。
豪勢な社員旅行をしてやりたい……などなど。

しかしながら、お客様のニーズにお応えするためには、
早朝出勤を命じなければならないこともありますし、
納期を守るためには残業をしてもらわなければ
ならないこともあります。

また、高い給与・快適な職場環境、豪勢な社員旅行にして
やりたいのですが、一方で企業規模を拡大するために
利益を蓄えておかなければなりません。
つまり、企業の経営とは、常に矛盾と戦うことだと考えます。
経営者がその矛盾を避けて通ったり、その矛盾の前で
諦めたりすれば、企業(運命共同体)の発展は望めないでしょう。

まず、できることから。とりあえず、できるところからと、
経営者がその矛盾に挑戦する姿勢があれば、
運命共同体は永遠に潤い、発展してゆくと考えます。

私を信頼してくれる社員たちを大切にしたいと思います。

経営理念

求める人物像

「新しいことにトライできる人」
当社の仕事は、学校での経験が入社後の差になるあることはありません。
入社後の経験で成長できる土壌です。
その為には、日々の仕事の中で「何でもやってみよう!」と数多く取り組める方が有利です。
迷った時に「やっちゃえ!」と挑戦すれば、その先が失敗だったとしても貴重な知識になります。
「失敗の積み重ねに意味を見出せる人」
入社直後は、成功よりも失敗の方が価値があります。
失敗の経験は次の失敗の予防になります。失敗を恐れないでください。
「自分の思ったことを言葉にできる人」
一貫生産を強みとする当社は、全く連絡を取らない部門間はありません。
全社一丸となるには、部門内連携が必須です。
同じ社内なので、思ったことはしっかり共有してほしいですね。

新保電機工業について

私達は組織の力と和を持って、
又常にQMSの改善と技術の向上に努め、
顧客満足が得られる製品を提供することによって、
社会から信頼される企業となり、社会に貢献する。

  • 設計

    設計

    設計Grにて検討したシステムにて電源の回路を作成し
    安全を考慮しながらハド回路の図面化を行います

  • 製作

    製作

    組立配線を行います

  • 施工

    施工

    いわゆる電気工事です

  • 板金加工

    板金加工

    「切断・穴あけ・折り曲げ」などにより
    目的の製品・部品に仕上げていきます

会社概要

社名 新保電機工業株式会社
代表 代表取締役社長 宗 隆章
役員
代表取締役会長
宗 章一
取締役
渡遵 健一
取締役
山崎 克美
所在地

本社・組立工場:
〒700-0945 岡山市南区新保1309-3
TEL:086-243-1589
FAX:086-241-9155

板金工場:
〒700-0944 岡山市南区泉田20-1
TEL:086-221-3450 FAX:086-221-3451

営業品目 自動車生産設備を中心とする自動制御システムの設計・製作・施工・メンテナンス・ 現地改造など
資本金 3,000万円
設立年月日 1981年6月1日
従業員 43名
主要取引先 三菱自動車工業株式会社
三井造船株式会社
享栄エンジニアリング株式会社
コアテック株式会社
株式会社 ケーイーシー
取引先銀行 トマト銀行 青江支店
百十四銀行 清輝橋支店
商工組合中央金庫 岡山支店

アクセスマップ

本社 〒700-0945 岡山市南区新保1309-3

沿革

1981
新保電機工業株式会社を設立
1984
三菱自動車工業株式会社と取引開始
資本金600万円に増資
資本金1,500万円に増資
1987
新社屋が完成
享栄エンジニアリング株式会社と取引開始
設計部門にCADを導入
1987
新社屋が完成
1988
享栄エンジニアリング株式会社と取引開始
1990
設計部門にCADを導入
1992
水島工業株式会社と取引開始
1995
板金部門を新設
2002
三井造船株式会社と取引開始
2005
CADを更新
2006
1S09001を認証取得
資本金3,000万円に増資
2008
板金工場を新築移転 タレットパンチ導入
2010
宗章一が代表取締役会長に就任
宗隆章が代表取締役社長に就任
2017
サーボベンダー導入
2018
四国計測工業(株)取引開始

ENTRY

興味のある方は、お気軽に就ナビサイトより
直接エントリーしてください。